おすすめのFX会社 FX口座 SBIFX DMM.com証券

今回は私、FX-Aki坊も実際に使っているオススメFX証券会社(口座)をご紹介します。

その前に、FXの口座いついて少し説明します。

FX会社(口座)には大きく分けて2つあります。

それは、

1.ディーリング・デスク(DDまたははOTCという)

2.ノー・ディーリング・デスク(NDD)

と分類されます。

ちょっと難しいように聞こえますが、
これは、競馬で例えると、あなたのお父さんから、

「おーい、悪いけど今度の有馬記念

1-2 3,000円
1-3 3,000円
2-3 3,000円

買っといてくれへんか。その代り小遣い(手数料)1,000円渡すから」


と言われて、計10,000円を受け取ったとします。

そこで、あなたは・・

A、「オヤジいつも抜けよるから、そのままワイが10,000円受けといて、もし当たったら自分の貯金から、JRA発表のオッズ通りにオヤジに払っといたろ」

と、10,000円そのままもらっておく。


註※家族間であれば、実務上検挙されることは無いと思いますが、上記例は競馬法違反(呑み行為)となりますので絶対にマネをされないようにお願いします。



B、言われた通りまともに、そのままJRAで購入



C、「これ、万が一当たったら万馬券になりそうやから、9,000円のうち4,000円分はJRA通しとこ」
と自分は5,000円分だけ受け、4,000円分をJRAで購入。


Aの場合、オヤジさんが外すと10,000円あなたが儲け。ただし、当たったら赤字だが確率は低い

Bの場合、オヤジさんが外そうが、当たろうが1,000円の利益

Cの場合、オヤジさんが外すと、5,000円+1,000円で6,000円の利益、当たると赤字だが、Aよりは、損害額が小さい。




となります。

この場合、「A」と「C」がDDとなります。


つまり、DDはお客とFX会社とのタイマン勝負なのです。


ただ、DDも先ほど競馬に例えたものですから、
悪い印象を持った方もいるかも知れませんが、
当然FXでは合法ですし、実は利点もあります。


まず、手数料無料は当たり前、スプレッドも低く設定されています。

本来ならスプレッドも無しで充分やっていけるのでしょうが
実際は、ある程度インターバンクに合わせないといけない、
ということもあり、各社とも低スプレッドを売りにしています。

初心者の方が低い金額でFXをするならこちらで充分だと思います。

その中でも私FX-Aki坊が特にオススメの口座は

SBIFXというFX会社です。
FXを始めるならSBI FXトレード!





こちらは、1通貨から実践できますので、たとえばドル円ですと百円台からの
取引ができるのです。

よく、「デモ口座で練習して・・」という方がいらっしゃいますが、
デモ口座ではやはり「負けてもどうせ、タダや」という気持ちが働いてしまって
実力は付きません。

「デモ口座では上手いこといったのに、本番ではさっぱりワヤや」
という声もよく耳にします。



そして、ある程度慣れてきたらこちらがオススメです。
DMM.com証券





こちらは先ほどのSBIFXでは取引できないような通貨ペアが豊富に揃っているのです。

また、スマホの画面も秀逸です。
※個人的にはスマホでの取引はよほどの事情が無い限り推奨しません。

ただ、最低取引ロット数が10,000通貨単位となっていますので、最初にSBIFXで慣れてから
DMM.com証券で豊富な通貨ペアを取引されると良いと思います。




そして、もう一つのNDDは、インターバンクに注文を取り次ぎます。
当然、先ほどの競馬の例でいうとお小遣いの1,000円に該当する「手数料」
で経営をしていかなければなりません。

これも、カバー先が見える方式と、分からない方式との2種類に分かれます。
見える方式は、あえていうと「株式市場」のような感じです。

初心者を抜け出して、本格的にやっていこうという段階では必要不可欠なものとなります。

ただ、「初心者お断り」という訳ではありませんので、
今から検討しておいて損はないと思います。

こちらのオススメ口座は次回の記事でご紹介したいと思います。













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。