おすすめのFX会社 FX口座 ヒロセ通商



前回の記事でFX会社(口座)には大きく分けて

DD(ディーリング・デスク)



NDD(ノー・ディーリング・デスク)

の二つがあると書きました。

国内のFX会社は殆どがDDで、手数料無料、
極小スプレッドが売りであることでしたね。

ただ、当然デメリットもありまして、

発注してもオーダーが刺さらない、
つまり注文が通らない事があります。

スキャルピング不可というところも多く、
そして、グズグズしているうちに、

本来DDでは起こらないはずの
「スリッページ」が発生し、

結局思った値で約定しなかった、不利なレートになった、
ということがしばしばあります。

これは、発注するロット数が多いほど
その確率は高くなってきます。

また、FX会社と顧客とのタイマン勝負なので、
勝ちすぎるとマークされて、約定拒否や
悪意のあるスリッページなどが発生するのです。


だから、もしあなたが初心者の域を抜け出して、
本格的にやって行こうとしたら
今から紹介するFX口座が必須になってくるのです。





そこで、NDDのオススメFX口座なのですが、
その前に少しおさらいを・・

NDDとは


STP・・・そのFX会社(ブローカー)が一旦は引き受けて、
カバー先といわれるインターバンク市場に発注する方式と、
引き受けずに直接カバー先に発注する方式の二通りある。
その引受先との差額が会社の利益。

ECN・・・株式市場のような形。オープンで公明正大。株式と違い、
FXの方は私設の取引市場だが、実際に取引所があるわけではない。
電子証券取引で、板情報や気配値を見ることができる。
手数料が会社の利益。


の二通りがあります。


ちょっと難しい話になりましたが、前回の記事で、
お父さんの馬券を買いに行くおつかいの例で言いますと
自分で呑んでしまわずに、ちゃんとJRAで買う・・

というものでした。

これは、FX会社と顧客とのタイマン勝負ではなく、
FX会社はあくまでもブローカーとしての取次をする立場になりますので
先ほど書きましたDDの場合のデメリットが解消されるのです。

まず、なんといっても

「約定しやすい」

というのが最大のメリットといえるでしょう。


その中で国内NDDの先鋒隊といえるFX会社はここ、ヒロセ通商


ヒロセ通商【LION FX】






ヒロセ通商は、1000通貨単位から取引もOK、しかも手数料無料。

「あれ、さっきの馬券のたとえでいうと、手数料無料っておかしいんじゃないの?」

と思われたかも知れません。

はい、れっきとしたNDDなのですが、先ほど説明しました「STP」方式なのです。

そのカバー先もちゃんとホームページに公表されています。
ヒロセ通商【LION FX】


これだけカバー先があると、条件の良いところを選ぶことが出来るのでしょうね。


そして同社はJASDAQ上場企業で、
2013年度、2014年度、2015年度と3年連続オリコン顧客満足度第1位。
信託保全も三井住友銀行100%信託で安心です。

そして、何より、約定率99.9%、スピードが0.001秒と謳われている約定力。
「スキャルピング不可」という国内FX会社が多い中、

「スキャルもOK」

というのも力強いですね。

あえて、欠点を上げてみると
トルコリラ・南アフリカランドなどのマイナーペアでは
レバレッジが高くかけられないぐらいでしょうか。

でも、マイナー通貨を高レバで運用する人の方が少ないと思いますので
全く問題ないですね。

私の知る限り、よくどこの会社でもやっている「キャッシュバック」
に加えて、取引量に応じて

551蓬莱の豚まん

がもらえるFX会社は

ここヒロセ通商


以外に聞いたことがありませんし、
ファンダメンタルの情報量も豊富で、初心者から上級者に至るまで、ヒロセ通商
の口座を持っておいて損はありません。

費用もかかりませんし、情報を読むだけでも価値ありで、オススメです。

※いつも551蓬莱の豚まんとは限りません。時期によってキャンペーン内容は変わります。
詳しくはこちらをご覧ください。



ヒロセ通商【LION FX】









次回は海外のオススメ口座をご紹介します。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。