おすすめのFX会社 FX口座 XM



前回の記事では、
国内FX会社でNDDを採用している口座を紹介しました。



ただ、NDDとはいっても、STP方式で、
一旦はディーラーを通すタイプということでしたね。



つまり、カバーされたインターバンクと
ブローカーであるFX会社が提示する値との差額で
儲けている訳ですが、こちら(顧客)から見ると
先が見えません。



今回紹介するXMという海外口座の場合、
ECNという株式取引のような方式も選択することが出来ます。



「選択することが出来る」ということは、
他にもいろいろなコースがあるのですが
まずは、XMという会社について説明しましょう。



XMはもともとXEマーケッツという名称で
キプロスに本社がありましたが、今年から
「トレーディングポイント」という
セイシェル諸島にある会社と統合しました。


ただ、実務として我々がFXをするにあたって
直に接するのはXMというブランドになりますし、
信託保全も国によって細かい規定の違いはありますが、
ほぼ同様に引き継がれます。






最近では

「最善を尽くす」

という共通の理念があるとのことで、
ウサイン・ボルト選手が公認大使に就任したと、
広告でもよく登場しています。



XMの特徴は、最大888倍のハイレバレッジが可能で、
取引スタイルにあわせて3つのアカウントが選べます。

アカウントの種類は
こちらを参照。

この中の「Zero口座」
というのが、ECNになります。



海外口座と聞けば、

言葉の壁

をイメージ
してしまうかも知れませんが、
このXMは徹底した日本語によるサポートが充実しています。



ウェビナー(ウェブセミナー)も随時開催されるのですが、
海外口座のセミナーと聞くと、
最初はシュッとしたアカ抜けた感じの


「お前らとワシとは世界がちゃうぞ」


感満々のアナリストが登場するのかな、
と思っていましたら、


「あー、あー、聞こえますかぁ〜、(コメントの)返事なかったら進めますよぉ〜」


と始まる、ざっくばらんなおっちゃんと言ったら
怒られるかも知れませんが、おニイさんで、
親しみのある講師によるウェビナーも無料で視聴できるのです。



またXMは最大2万ユーロまで信託保全を完備しており、
英国バークレイ銀行の補償やAIGの保険にも加入している
ということで、顧客の資産保全には万全の体制で取り組んでいます。


不便な点といえば、最近ネッテラーが
使えなくなったことぐらいでしょうか。

しかし、ここまで安心感のある会社であれば、
あえてネッテラーにしなくても
全く問題ないですね。




日本語のサポートも充実していて、
私の主宰する投資グループの間でも
「XMの口座持っていない」

といえば

「なぜ作らないの?」

と逆に訊かれるぐらい
前回の記事でご紹介したオススメ国内FX口座の他にも
絶対に持っておくべき口座のひとつです。



なぜかというと、私がメール配信している時の解説をはじめ、
FXで何か説明したり、ツールを使用する場合は
殆ど全てといって良いぐらい

MT4

というチャートソフトを使っています。


このMT4を使っている国内業者は数が少なく、
前回記事にした国内オススメ口座の中で
MT4は採用されていないのです。


ですから、XMの標準チャートであるMT4を見ながら、
あなたの投資スタイルに合せて国内口座を使うもよし、

MT4から直接やり取りするのも全然「あり」だと思います。

まずはとにかく簡単ですから
作ってみて下さい。


XMの口座開設はこちらから



XM 口座開設













オススメFX会社(口座)

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。